2018年12月06日

私って吃音だったの?と不安にさせる1冊『どもる体』

先日、こんな本を読みました。



吃音の当事者にインタビューを重ね、吃音が生まれる体の謎に迫った『どもる体』(医学書院)が話題を集めています。

著者は伊藤亜紗さん。


「ノる」とか「乗っ取られる」や「体がどもってしまう」などの独特の表現で吃音について書かれています。

伊藤亜紗さんは、吃音の当事者と当事者ではない人との線引きは曖昧だと言っています。

当事者ではない人でも、時と場合によっては言葉が詰まることがあるし、言葉が詰まらなくてもコミュニケーションを取るのも大変な方もいれば、シチュエーションによってたまに言葉が出にくい人もいる。

だから『どもる体』では境界を曖昧にしている。


『どもる体』を読むことによって、私も吃音かもしれない・・と不安に思ってしまいます。

自分の中にも吃音の可能性があることを発見してしまうんです。

伊藤亜紗さんは、そういう発見と、吃音を他人事だと思って欲しくない狙いがあるのかもしれません。


吃音がmrm吃音改善プログラムで治らない?

吃音の中村しょうとはどんな人?

吃音の中村しょうの評判は?



同じカテゴリー(日記)の記事
 ふたご座流星群が見れるかも (2018-12-13 14:43)
 吃音へ偏見や差別 (2018-12-05 15:04)
 SexyZone松島聡、突発性パニック障害で活動休止 (2018-11-29 14:51)
 勝谷誠彦さんが死去 (2018-11-28 15:39)
 吃音の甥っ子と勉強中 (2018-11-13 15:29)
 ナメクジを食べて男性が死亡!? (2018-11-07 15:00)

Posted by ニキニキ at 16:29 │日記